めむのお金のお部屋

めむりんごです。ファイナンシャルプランナーとしてお金の話と時々日常のお話のブログです

少子化対策。私の思うとこ

少子化対策に行政が少しずつ動き出しているような気配を感じます。

子供に平等に教育を受けられる社会がくることをずっと願いながら子育てをしてきました。

学校教育だけでなく、習い事や休みの日の過ごし方など世帯所得や家庭環境による差は仕方がないものだと思いながらも、進路の選択でせめて金銭的な理由で諦めてしまうことがない社会になってくれるようにと感じることは多々ありました。

 

ただ、ちょうどこれから就職を控える娘と話すと子育てに対するお金の不安ももちろんあるけれども、子供を育てながら働かなければいけない社会自体が子を産んで育てていくことを躊躇してしまうということでした。

 

制度は年々変わっていくので、格段に我が子たちが小学生だった10年以上前よりは今のほうが子供にかかるお金の負担は減っているように思えますが、その分物価も上がっていますね。消費税も税率が変わっています。

現金での給付はありがたいですが、それだけではなく増税や物価の上昇に左右されないように、所得に関係なく子供の給食費や学用品など義務教育の間だけでも学校に何かお金を家庭から支払うことがないように、国が負担をしてくれるとありがたいと思います。私立の学校ではそうはいかないとは思いますが。公立の学校と同等の負担軽減はして良いと思います。

上履きや、体操着なども。みんな、学校教育で必ず必要なものは家庭の経済状況に左右されないようになると私たちの税金がどう使われているのか、分かりやすく、家計管理をしている方からしても急な出費という予期せぬお金が出ていく事態も減ります。

所得制限のある助成制度としては習い事や塾なども一人月額上限いくらまでと助成費用が出て家庭で負担する費用を抑えて行けるような制度があっても良いのではないかと思います。

学校教育の中以外の自分の得意なことを見つけられるきっかけを少しでも作ってあげてほしいです。

 

子育てしやすい社会を作るには、子供に対する助成制度だけでは足りません。

働く女性が本当に子育てしながら働ける社会。そのための助けは思っている以上に必要だと思います。

そもそも、本当はお金があれば子供が小さいうちは働かないで子供育てるという人だって少なくはないのではないですよね。

もっと言えば、産むのにお金かかるのだって何か違う気がします。いくら出産育児一時金があると言ってもです。高いです。

 

現金給付も必要ですが、直接子供の教育に必要な助成制度ももっと必要な気がします。

 

 

 

 

 

成人式 男の子と女の子

子育ては、色々なことにお金のかかるものですが、大学進学後意外にすぐにやってくるのが成人式です。

特に着物を着る予定の女の子は着物のレンタルや当日の着付けやヘアメイクの予約の他にせっかくの晴れ着での記念写真を…とかけるといくらでもお金をかけられてしまいます。

 

高校卒業時期になると、ちらほらと聞いたのが成人式の着物の話です。

ちょうど今の時期ですね。

大学入学後夏ごろに我が家の娘は予約をしましたが、それでもすでに何人も予約をしていました。

式典まで一年以上先の予約です。

式典当日の着付けの時間が、予約時期が遅くなると希望通りの時間には出来ないからということで早めの予約が多くなるみたいですね。

成人式の半年前ぐらいに予約し、式典当日を迎えたときは大きな一大イベントを終えた気分でした。

 

 

ちなみに、娘は前撮りと当日の着付けのセット75000円というコースの予約を呉服屋さんでお願いしました。着物等は自前のものでしたが小物は買い足したりしたのでトータルで10万円程。予約をした呉服屋さんで着物の丈を直してもらったりしたので、多少費用かかかりました。

他前撮りの時にコースにセットで含まれている写真だけでは勿体ないくらいのたくさんの写真を撮影したため結局立派なアルバムと実家に渡すためのミニアルバムと全データが含まれているCD-Rと…と別途10万円ぐらいかかりました。

とてもきれいな写真集が出来上がりましたが、一度見たらその後は見ていません。

 

着物のレンタル等もっと費用のかかる場合も多いので要注意です。

 

 

一方、息子は…。

成人式は大学入学時に購入したスーツを着用しました。

以上です。

当日は、自分で支度をし出かけて行ったので特に何もしていません。

 

もちろん、男の子でも袴を着るお子さんもいるだろうし記念に家族写真を撮られるご家庭も多いかもしれませんが何もしませんでした。

地域によっても様々な風習があるのであくまでも、我が家の体験談として参考にして下さい。

 

今は、まだ二十歳で成人式を開催している地域が多いでしょうが、将来的に18歳で成人式となると、大学受験、入学費用の他に成人式の費用が同じ時期に必要になる時代が来るかもしれませんよね。

 

 

 

 

 

医療費控除とセルフメディケーション制税

年末調整の書類の提出が終わり、今年はいくらぐらいの所得になったのかなと気になる方も多いと思いますが、医療費やドラッグストアなどで市販の医薬品をたくさん購入した方は、ぜひ確定申告の時のために準備をしてください。

 

特に所得によって子育てや教育関連の手当や免除などの制度を受けられるご家庭では、確定申告でさらに所得控除の金額が変わるかもしれません。

最終的に所得税額はこの確定申告で決まるので時には所得税が還付されることもあります。

 

 

・医療費控除

 

医療費控除の額=(一年間に実際に支払った医療費総額-保険金などで補てんされる金額)-10万円(総所得金額が200万円未満の場合は総所得額の5%相当額)

 

となります。ちなみに控除額の上限は200万円となります。

 

通院のために利用した本人の交通費(原則として電車やバスなどの公共交通機関を利用した場合)も対象の費用となるため、申告しましょう。自家用車を利用してのガソリン代や駐車場代は対象外です。

タクシー代は緊急時は対象となるみたいです。

重大な病気が発見され、引き続き治療を受けた場合の人間ドッグや健康診断の費用は対象となりますが、異常が発見されなかった場合は対象外です。

 

新型コロナウイルスに感染の疑いがあっての医師等の判断によって受けたPCR検査の費用や、感染防止のためのオンライン診療による診察料やオンラインシステム利用料や処方された医薬品の購入費用も対象となるみたいです。

 

残念ながら、視力矯正の眼鏡やコンタクトレンズなどは対象外ですし、予防接種の費用なども対象外となります。

 

 

 

セルフメディケーション制税

これは2017年から適用されている制度ですが、意外に知らない方も多くいます。

2021年までの制度でしたが2026年まで延長されたようなので、市販薬を購入することの多い方は利用してみてください。

これは健康の保持増進や疾病の予防の取り組みを行っている人が対象となります。というと難しく聞こえますが、職場の実施する定期健康診断や自治体の健康増進事業として行う健康診断、インフルエンザの予防接種などを受けている方が該当となるみたいです。

ただし、医療費控除と両方は適用することはできないので、注意が必要です。

同一世帯の中で、例えば医療費控除とセルフメディケーション制税と夫婦でどちらか一方ずつを所得控除の申告することはできるみたいなので、対象になりそうな世帯の方は申告したほうが良いかもしれないですね。

 

一年間で購入した一定のスイッチOTC医薬品の合計額-12000円

となります。

ちなみに控除額の上限は88000円となります。

 

対象の医薬品は店頭でセルフメディケーション制税対象の医薬品であることがわかるようになっていることが多く、レシートにも記されています。

 

一年間でどれほどの医療費や医薬品にお金がかかるかは、過ごしてみないとわからないのでレシートや領収書は保管しておくことをお勧めします。

 

私はコロナが流行してから病院へ行くことが減り、鎮痛剤やアレルギーの薬、貼るタイプの鎮痛消炎剤を購入することが増えたため年間12000円以上の医薬品を購入しています。なのでこのセルフメディケーション制税を利用します。

申告もマイナンバーカードを使ってスマホから申告するため、入力するのに多少時間は要しますが、あまり面倒だと感じません。

 

たかが数千円だとしても、その差で大きく手当の受給が変わってしまうような大きな差になることもあります。

手間はかかりますが申告できるものはきちんと申告したほうが後悔しません。

 

 

これは私のぼやきですが

医療費とは違いますが、このコロナが流行った数年間。

マスクを購入する頻度がものすごく多かったしどこに行くにもマスクは必需品だったので年間千円でも良いから一人当たり控除してほしかったです。

 

 

 

 

効果的だった食費の節約1~私の場合~

今は物価の高騰でとにかく食料品も値上がりしています。

少しでも予算内に抑えるために試行錯誤して来ましたが、私が自分の性格の中で一番効果的だったのは何よりも

買い物へ行く回数を減らすこと

でした。

 

なぜなら、買い物へ行く度につい余計なものまで買ってしまうからです。

買うものを決めて行っても、つい余計なものも買ってしまう。

子供と一緒に行った日は尚更余計なものまで買ってしまいます。

なので、買い物へ行く回数を減らしたところ月1万円ほどは食費が減りました。

間違いなくお菓子代と、使いきれなかった食材が減りました。

 

計画的に予定したものだけ買える方は全く参考にならないとおもうのですが、限界まで買い物に行かないようにしています。

 

今では多少割高ですが、食材配達サービスを利用し日用品はネットでまとめて購入し、とにかく買い物へ行くのは週1回から2回にしています。

献立もある程度は立てていますがその日によって疲労度が違い予定していたものを作る気力がない夜もあるのでその辺は臨機応変に動いています。

 

もっと細かく計画的にできるのならば良いのですが、私の場合は間違いなくお店に行く機会を減らすことが何よりも一番の節約方法でした。

 

 

大学生 奨学金と高等教育の修学支援制度

大学進学はとにかくお金がかかります。

教育資金の大半がこの大学入試から大学卒業までの期間のためのものではないかと思うほど費用がかかります。

 

受験料も数万円単位でかかるため、何校も受験する場合では、この入試費用だけでもかなりな費用が必要になります。

 

 

指定校推薦や総合型選抜試験など大学入試は一般入試以外にもたくさんの試験がありますが、推薦入試は基本的に早めの時期に決まるため、入学金や前期分の学費など100万円近くの費用が合格してすぐに必要になる場合があります。

大学入試のパンフレットなど書類は必ず早めに目を通し、合格後の大学への納入金の期限と費用は確認をしておいて下さい。

高校3年の2月3月頃で必要かと思っていた大学への納入金が実は年明け前に必要で予定していた学資保険の満期で受け取るお金が間に合わず大変だったという話もよく聞きます。

私自身も上の子の入試の時にまさか納入金の期限がこんなに早いなんてと金額にも驚きましたが時期にもビックリした記憶があります。

万が一費用が間に合わない時には、早めに国の教育ローンなどを利用することも出来ますが、申請から実際に入金されるまでにはある程度の時間がかかるため、要注意です。

 

実際に入学後は半期に一回の学費納入がやってきます。

そして大学生と言えば、奨学金

高校3年生の早めの時期に、日本学生支援機構奨学金の予約申し込みがあります。

万が一その時に申し込まなくても、もちろん大学進学後にも申し込みは出来ますが、受け取る時期は少し遅くなってしまうかもしれません。

ただし、今とちょっと昔とで違うのは貸与の奨学金(後で返済するものです)だけではないということです。

もちろん貸与の奨学金も今まで通りありますが、世帯収入によっては、給付型の奨学金授業料等免除制度があるので該当する世帯の方は、奨学金を借りる予定はないからと書類から目を通さないまま終わらないようにして下さい。

 

要件を満たす学生全員が支援を受けられます。

(世帯収入、資産、学習意欲など)

 

授業料等減免制度は、私立大学最大年70万円の減免を受けられます。

(上限額の満額、2/3、1/3の支援額の区分があります。)

 

自宅通学の私立大学生だと、給付型の奨学金最大年額約46万円ほど受けられます。

(給付型の奨学金も3つの区分に分かれていて金額が変わります)

自宅外通学の私立大学生最大年額約91万円となります。

 

 

施設費等は別に必要ですが、授業料が減免されることはとてもありがたいことです。

親の収入が少ないから大学へ行けないと悩んでいた子が少しでもこの制度を利用して進学できる可能性が少しでも多くなると良いと考えています。

 

文部科学省日本学生支援機構などのサイトでも是非確認してみてください。

 

ちなみに、他にも大学独自の奨学金制度や企業など独自の奨学金制度などたくさんの奨学金制度があります。

 

学費のためにアルバイトをして勉強する時間が少なくなっている学生さんもよく見かけます。こういった制度で少しでも学生自身の負担も親御さんの負担も減らせていけるとありがたいですよね。

少しでもお金がかからずに好きな勉強をできる環境を子供たちに与えられる未来がもっとくることを願っていますが、今はそれでも少しずつ増えてきているのではないかと期待しています。

 

 

 

 

高等学校等就学支援金制度

高等学校でも支援制度があります。

 

世帯年収の制限がありますが、対象の世帯にはありがたい制度です。

学びたい学校で学ぶことができる可能性がぐんと広がります。

 

 

公立学校の全日制で月額9900円、定時制は月額2700円、通信制は520円。

私立高校では全日制、定時制通信制ともに月額9900円が支給され、さらに世帯所得や学校種によって加算支給されるようです。

 

私立高校の全日制の場合は、396000円まで支給されるようです。

 

子供たちの学校の選択の幅が広がりますよね。

ただし、授業料には支援はありますが、施設維持費等の費用はしっかりとかかります。

制服や体操着等学校指定の物が多かったり、部費なども少しお高めだったりします。

 

修学旅行などもコロナ禍で今は少ないかもしれませんが海外等で費用が多めにかかる学校もあります。

 

以前は私立高校の補助金は一度学校に授業料を支払った後で支給されることが多かったのですが、今は国から支払われた支援金と相殺して残りの金額を支払うようになっているようなので、実際に支払う金額が減額されるのはありがたいですね。

 

自治体によって他にも様々な支援金や貸付制度があります。

私立高校は入学金も費用が高いので注意が必要です。

 

私の住んでいる自治体では高校生への給付の奨学金制度があります。

給付なので、もちろん返済しなくて良かったのでとても助かりました。

 

住んでいる市区町村のホームページや広報はしっかりと目を通すことで、受けることの出来る制度を見つけることができます。

申請しないと受けられない制度もたくさんあるので、是非確認をしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

就学援助制度について

小学校、中学校に通われるお子さんがいる場合に世帯全員の所得額によっては就学援助制度というものを受けることができます。

自治体によって多少の違いがあるかもしれませんが、年度初めに学校から子供経由で案内を貰っていました。ちょっと昔の話なので今がどうなのか詳しくはわからないのですが、制度自体はあるようですので、もし該当するかもしれないと考える方は今後検討してみてください。

特にひとり親家庭の方などは、こういう制度を活用することで子供にかかる学校関係の費用の負担が大幅に削減されると思います。

 

この制度は申請して審査が通った方のみなので、知らないまま援助を受けない方もいらっしゃると思います。

中には所得額などが曖昧となり対象なのかどうかもわからない方もいると思います。

 

お住まいの自治体でしらべてみると詳しい所得限度額やその他の対象になる世帯がわかります。

 

 

児童扶養手当を受給している方や、年金掛け金や健康保険料の免除を受けている方、賃貸住宅に住まわれている世帯はその家賃などにより所得制限額が違います。

年度の途中からでも申請可能となっています。

(私の住んでいる自治体の基準です)

 

新入学学用品費、学用品費、通学用品費、修学旅行・移動教室の参加費、学校給食費、体育実技費、オンライン学習費などの援助があるということです。

 

 

 

お住まいの地域によって多少の違いはあるかもしれませんが、どんな制度があるのかをきちんと調べておくことによって経済的に苦しい時期でもたくさんの支援を活用することができれば、負担が減ることになると思います。